よか石けんのジャータイプとチューブタイプはどっちがいいの?

然(しかり)よか石けん然(しかり)よか石けんのイメージってジャータイプじゃないですか?

私も購入するまで、丸い容器に入っているよか石けんしか知らなかったんですが、実はチューブタイプもあります。

成分的には同じですが、使い勝手が少し違うので2つを比較してみます。


 ジャータイプチューブタイプ
使いやすい点・テクスチャが硬めなので、よりりっかりした泡を作りやすい
・中身が見えているので、一度に使う量を考えながら使える
・最後までしっかり使える
・押し出して使うので衛生的
・押し出すだけなので面倒くさくない
・水が入りにくい
・持ち運びやすい
使いにくい点・チューブタイプの洗顔料に慣れている人は取り出すのが面倒
・水が入りやすい
・少なくなってくると取り出すのが大変になってくる
・最後まで使い切るのが難しい

然(しかり)よか石けんのジャータイプとチューブタイプどちらにもメリット・デメリットがあり、どちらが良い悪いではなく、どのように使うかで使い分けるのがいいと思います。

ちなみにテクスチャはチューブタイプのほうが若干やわらかめになっていました。

選び方としては以下の3ついずれかに該当する場合はチューブタイプ、それ以外の人はジャータイプという選び方がいいと思います。

【チューブタイプに向いている人】
・1回1回中身をすくって使うのが面倒
・主にお風呂場で使うことが多い(ジャータイプでも容器を逆さにして取り出すと水が入りにくいです)
・旅行や出張など持ち運んで使うことが多い

上記ように用途に合わせて使い分けるのがのがいいですよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ