然(しかり)よか石けんの体験レビュー!

然(しかり)よか石けん

然(しかり)よか石けんはすっかり有名になったロングセラーの洗顔です。リニューアルしつつも発売されてから10年以上経っています。これだけ売れ続けているので、一度は使ってみたい洗顔の一つですね。

注文~到着までの流れ

然(しかり)よか石けん郵送時の袋よか石けんは注文してからちょうど一週間で到着しました。

鹿児島から北海道までだったのでこんなものでしょう。

注文後に送られてくるメールにも一週間前後でお届けと書かれています。



私は数回よか石けんを購入しているんですが、基本的に箱ではなく右のような紙袋で届きます。

幅×高さ×マチは26×31.5×8.5cmくらいです。袋のデザインは少し地味な感じがします。

【注文完了後の流れ】
・自動返信メール:あり
・注文確認メール:なし
・発送完了メール:なし

箱を開けてみると・・・

然(しかり)よか石けんの袋の中身開けてみると、然(しかり)よか石けんと、パンフレットや使い方の紙とともに、泡立てネットも付いてきます。

今回はジャータイプとチューブタイプを注文したので、泡立てネットも2個入ってきました。

以前は普通の泡立てネットだったんですが、ネットに水素玉という丸い玉が入った天使の泡立てネットというものに進化しています。

これを使うと、よか石けんの濃密泡に水素が包み込まれ、洗うだけでエイジングケアできるという優れものです!

然(しかり)よか石けんを体験してみます!



然(しかり)よか石けんの泡立て過程然(しかり)よか石けん(ジャータイプ)を取り出すときに、まず硬さに驚きました。

イメージしていたより硬くて紙粘土っぽいですね。

泡立ちは良いですがテクスチャが硬めなので、泡立てるときは水を多めに含ませたほうが泡立てやすいです。

(徐々にさし水をしていったほうが失敗は少ないと思います)


完成した然(しかり)よか石けんの泡泡はしっかりめの泡でキメが非常に細かい!ほとんど生クリームですね。

よか石けんの泡は本当に滑らかでクリーミィーなので面白いように顔に広げることができます。

鼻の穴を塞いでしまうと窒息しそうになるので注意しましょう。


すすぎ終わってみるとさっぱり感があり、毛穴の汚れが少し浮き上がったようになっていて、半月くらい使い続けると毛穴の黒ずみが薄くなってくるのを実感できました。

なので然(しかり)よか石けんは毛穴の黒ずみに悩んでいる人で、普通肌~脂性肌の人、あるいは乾燥肌でもさっぱり感が好きな人に向いていると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ