シミの原因はいくつかあり、それぞれに合った対策をすることが大切!

紫外線によるシミで悩んでいる女性シミというと、1種類の症状のような感じがしますが、茶色っぽい斑点のようなものは総称してシミと呼ばれています。

なのでシミと呼ばれるものの中でも種類は異なってくるため、原因もいくつかあり、それぞれに合った対策をすることが大切になってきます。

シミにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。


種類原因対策
老人性色素斑
(日光性黒子)
一般的なシミのほとんどがこのタイプで、紫外線の影響でできる。30代後半から40過ぎくらいになると、顔や手の甲などに現れてくることが多い。老人性とは言っても、若い人でも紫外線を浴びる量が多いとできることもある。まだ薄い初期の段階では美白化粧品の効果が期待できるが、はっきり定着してしまったものは化粧品ではあまり効果がない。そのような場合はレーザー治療が有効。
炎症性色素沈着ニキビ、虫刺され、キズ、刺激や摩擦などによる炎症が跡になって残ってしまったもの。時間が経てば消えることもあるが、数年かかるケースもある。美白化粧品が有効。
肝斑紫外線と女性ホルモンのバランスの乱れが原因。30~40代女性の頬や額、口の周りなどに左右対称にできることが多い。美白化粧品とピーリングなどを並行して行うとよい。
雀卵斑
(そばかす)
遺伝的要素が強く、小さな茶色のシミが鼻から頬にかけてできることが多い。思春期の頃から目立ち始め、次第に消えていくこともある。美白化粧品はあまり効果がないことが多い。レーザー治療で取ることができる。
脂漏性角化症紫外線や老化が原因で、シミがイボのように盛り上がったもの。美白化粧品は効果がない。レーザー治療などで取ることができる。
花弁状色素斑海などで急激に日焼けをしたあとにできる。シミの形が花びらに似ているので花弁状と言われている。美白化粧品はほとんど効果がない。レーザー治療が可能。

このようにシミと言ってもいろいろな種類があることがわかります。これらのシミに共通することは、できてしまうと治すのはなかなか難しいということです。

特に紫外線が1つ大きな原因になっているので、普段から紫外線対策をしっかり行うこと、そして予防効果が期待できる美白化粧品を使用するといいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ