洗顔するときにもこもこの泡で洗う必要はあるの?

もこもこの泡洗顔するときに、もこもこの泡で洗うのが正しい洗顔というふうに言われています。

でも本当にもこもこの泡で洗ったほうがいいのでしょうか。

少ない泡ではダメなの?


この疑問について面白い実験があります。

乾燥肌の人と普通肌の人に、少ない泡ともこもこの泡で洗顔してもらって、洗顔後の肌に残る油分量と、蒸発する水分量を測って比較するというものです。

その結果、乾燥肌、普通肌の人ともに、どちらで洗っても結果はさほど変わりませんでした。ですから実は洗顔するときは、少ない量で洗っても良いことになります。


ただ、注意点として、少ない量の泡だと顔の皮膚を手でこすってしまったり、摩擦を与えてしまうことがあるので、やはり適度な泡の量は必要です。
(顔の皮膚を傷つけてしまうと肌トラブルに発展する可能性があります)

洗顔石鹸であれば泡立てネットがあれば簡単に泡立ちますし、洗顔フォームなどは量をケチらずに使うことが大切です。

大量の泡は必要ありませんが、手が直接顔につかないくらいの泡を作って洗うようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ