花綸肌潤(かりんきりん)で潤うのか効果を確かめてみました!

花綸肌潤(かりんきりん)

花綸肌潤(かりんきりん)は、いろんな雑誌で紹介されてますし、おすすめしてる人も多いんですよね。特に使ったあとの潤いが他の洗顔とは違うと感じている人が多いようです。どれだけ良い洗顔なんだろうと気になったので買ってみました!

注文~到着までの流れ

花綸肌潤(かりんきりん)郵送時の箱注文してから4日で花綸肌潤(かりんきりん)が到着しました。

第一印象は、箱ちっちゃ!


正直もう少しゴージャスな箱をイメージしていたので、シンプル過ぎてちょっと拍子抜けした感じです。

大きさは縦×横×高さが14.2×20×6.2cmくらい。


今までいろんな洗顔石鹸を購入してきたけど、1番小さくてシンプル。まぁ肝心なのは中身ですけど。

【注文完了後の流れ】
・自動返信メール:あり
・注文確認メール:なし
・発送完了メール:あり

箱を開けてみると・・・

花綸肌潤(かりんきりん)の箱の中身箱の中には花綸肌潤(かりんきりん)の他に、パンフレットや納品書などが入っていました。

これだけ箱が小さいのに上手く入っているなぁと感心してしまいました。

必要最小限の箱の大きさなんですね。


花綸肌潤(かりんきりん)の潤い効果は?

花綸肌潤(かりんきりん)の泡立て過程取り出してみると、ジェルといっても滑らかにスルスルっと出てくるわけではなく、小さいかたまりがポコポコと出てくるような感じです。

飲むゼリーなんかに近いですね。

顔をぬらして、ジェルをのせていくとなんとも不思議な感じ。

ニオイは柑橘系のすごく爽やかな良い香りで、とっても気に入りました。


花綸肌潤(かりんきりん)の泡立て時少量の水を加えて顔にのせたジェルを泡立てていきますが、石鹸のようにモコモコと泡立っていく感じではありません。

全体的に若干白くなり泡立つ感じです。

洗顔しているときつぶつぶ感がありますが、これはマンナンスフィアというもので、角質や汚れをしっかり取り除いてくれる成分です。


すすぐときはこのつぶつぶ感がなくなれば完了です。ただ、すすぎが完了した時点でヌルヌル感はかなり残っていると思います。

私も最初はこんなに成分が残った状態で大丈夫?と少し不安だったんですが、これが、洗浄成分だけが落ちて保湿剤が残っている状態なんですね。


長く使ってみても全く問題ないですし、確かに洗い上がりは他の洗顔にはない保湿力でかなりしっとりします。

私はいつも花綸肌潤(かりんきりん)を使ったあとに乳液だけつけて寝るんですが、次の朝の肌の感じがモチモチスベスベで今までと全然違います。


注意点としては、すすぐときにつぶつぶ感がきれいになくなるまでけっこう時間がかかるということ。鼻の横は残りやすいので入念に洗ったほうがいいです。

その他はとても良い洗顔だと思います。乾燥肌の人におすすめですよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ