乾燥肌がシミをできやすくする理由とは?

シミに悩んでいる女性乾燥肌でありシミにも悩んでいるというように、乾燥肌とシミ、セットで悩んでいる人がけっこう多いです。

この2つはあまり関係がないような気もしますが、実は肌が乾燥状態で荒れているためにシミができやすくなっている場合があります。

紫外線がシミの原因になっていることはよく知られていますね。


紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化してメラニンを作り、大量に作り出されると排出が追い付かなくなって、シミとして残ってしまうというものです。

年をとってくるとターンオーバーが遅くなってくるので、メラニンがうまく排出されずシミになってしまうのが一般的に多いですよね。

そして、乾燥肌の場合、角質層はスカスカでバリア機能が低下してますし、肌荒れしやすい状態になっています。


肌荒れした状態で紫外線を浴びるとどうなるか。

肌荒れしていない肌と肌荒れした肌では、同じ量の紫外線を浴びた場合に、肌荒れした肌のほうが日焼けしやすい(メラニンが多く出る)ことが分かっています。

ですので、十分な保湿をしてしっかり乾燥対策をしたうえで、紫外線対策や美肌対策をすることが大切です。


また、エアコンがきいた部屋の湿度はかなり低くなっていて、肌も乾燥しやすく肌荒れしやすいので、夏冬関係なく一年中乾燥していると思って対策したほうがいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ