乾燥肌なのにどうしてニキビができるの?

ニキビに悩む女性ニキビと言えば皮脂の分泌がさかんになる思春期の頃や、肌がギトギトして脂っぽい人に多いイメージがあると思います。

しかし、思春期を終えて大人になってから、しかも乾燥肌であるにもかかわらずニキビに悩まされる人が増えてきています。


いわゆる「大人ニキビ」と呼ばれていますが、なぜ乾燥肌なのにニキビができるのでしょうか。

大人ニキビの場合は、ホルモンバランスの乱れが影響しています。


睡眠不足、食生活などの生活習慣、ストレス、女性の場合には月経周期などによって、肌の抵抗力がなくなったり、皮脂が過剰に分泌されたり、ターンオーバーが乱れ角質がはがれ落ちにくくなって厚くなり、毛穴が詰まりやすくなるためニキビができやすくなります。

大人ニキビの場合は原因が複雑になっていることも多く、治ってはできるという感じでなかなか治りにくいという特徴があります。


思春期ニキビと大人ニキビの特徴を簡単に比較してみましょう。

比較項目大人ニキビ思春期ニキビ
原因ホルモンバランスの乱れ。(不規則な生活習慣、ストレス、月経周期によるものなど)汗腺が活発になることによる過剰な皮脂分泌
肌質すべての肌質脂性肌
発生個所あご周辺やフェイスラインTゾーン
特徴治りにくい
(出ては消えを繰り返す)
成長するにつれ治っていくことが多い

どちらの場合でも、洗顔で余分な皮脂を取り除くという日々のケアは必要ですが、大人ニキビの場合は特に、生活習慣を改善すること、ストレスを溜めないことなどが大事になってきます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ