乾燥肌の人はなぜ敏感肌になりやすいのか?

敏感肌になっている女性乾燥肌であり敏感肌でもあるという人は多いと思います。

敏感肌になる原因はいくつかありますが、乾燥肌から発展して敏感肌になるケースがあります。


乾燥肌は肌がどのような状態になっているのか?に詳しく書いていますが、乾燥肌というのは角質層のうるおい成分が減ってしまったり、角質細胞の一部がはがれて、水分を上手く保持できなくなっている状態で、それはイコール外部からの刺激に弱くなっていることを意味します。


バリア機能が上手く働いていないと、次第に刺激に敏感になり、ちょっとした刺激や化粧品などでかぶれたり、赤くなってしまうということが起こってしまいます。

一番大事なのは乾燥肌になった時点で、敏感肌に発展させないように保湿をしっかり行うこと。乾燥肌が原因で敏感肌になってしまっている場合には、乾燥肌を改善するケアをしていくといいということになります。


また、乾燥肌以外で敏感肌になる原因としては以下のようなものがあります。

睡眠不足、月経前後、生活習慣などにより肌の機能が弱まっている場合
クレンジングを長い時間かけて使ったり、ゴシゴシこすったり、間違ったスキンケアをしている場合
アトピー性皮膚炎など、体質的にアレルギーを起こしやすい場合

規則正しい生活を心がけること。正しいスキンケアを行うことが大切です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ