アクアヴィ洗顔石鹸を使っている人に起こる瞑眩(めんげん)反応とは?

漢方アクアヴィ洗顔石鹸を使っている人は、ピリピリしたり、ニキビが増えるというのを体験する人がいます。

これは今まで体の中に溜まっていた毒素が排出されることで、一時的に悪い物が表面に出てしまった状態です。

東洋医学や漢方の世界では瞑眩(めんげん)反応や好転反応と呼ばれます。


「一時的に」というのが大事で、それが本当に瞑眩反応によるものなのか、ただ単に使っているものが合っていないだけなのかを見極める必要があります。

なかなか難しい部分もありますが、一時的に悪くなりだんだん良くなっていくのは瞑眩反応であり、いつまでたっても症状が良くならなかったり、ますますひどくなるような場合は合っていないということになります。

アクアヴィ洗顔石鹸で、どうしてそのような反応が出ることがあるかと言いますと、ミネラル成分を抽出する原料として漢方の薬石が使われているからです。


瞑眩反応の出方については人それぞれで、全く出ない人、すぐに出る人、半年以上経ってから出る人もいます。

「肌能力を呼び覚ます」効果が期待できる洗顔石鹸なので長く使っていきたいですし、アクアヴィ洗顔石鹸は実際にとても肌にやさしいので乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使っていけますよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ